カープ

2016年 広島カープ 開幕時の先発ローテーションはこうじゃないと困る!

Sponsored Links

2016年 新年一発目で何を書こうか悩んで結果、今年こそはと思っているテーマに触れていきたいと思います。

昨年は多分カープファンを始めてから、一番期待したシーズンだったと思うのですが、迷将緒方のせいで散々な結果になりました。

そして、これを書いている時点ではまだ、エースであるマエケンこと前田健太選手のメジャーリーグ移籍は決まっていませんが、ほぼ決まりだと思っていていいでしょう。

そんな中では朗報的ニュースとしては黒田選手の現役続行があったのですが、今年はどうなるカープということでいきたいと思います。

ぶっちゃけ 期待しすぎ!

もちろん黒田選手がすごいピッチャーなのはこれを読んでくれている人なら知っていて、当然だとは思います。

ですが… カープまとめブログとか個人的にカープの応援ブログを運営されている方の意見として主流なのが、黒田選手の現役続行を喜ぶ声なんです。

でも、実際は違うと思って欲しいと警鐘を鳴らしていきたいと思います。

黒田選手のモチベーションが懸念材料だ!

今シーズン終了後に黒田選手はこんなコメントを残しています。

「今年に入る前、野球人生最高のモチベーションで帰ってきた。最後のつもりで今まで以上に、やってきた思いがある。なかなかそれを、超えるものを探すのが難しい」

これって、明らかに燃え尽きてますよね!?

黒田選手くらいの選手ですから、現役続行を決意したからにはもちろんモチベーションを再度何かしら見つけたとは思います。

でも、これを自分の立場(プロ野球選手でないにせよ 何かをやり遂げた後と考えてみる)に置き換えるとどうなんですか?

今年こそはと思ってやった結果がダメだった… もちろん悔しさもあるとは思います。しかし、このコメントからは「燃え尽きた」>「悔しさ」ですよね。

体力も不安

そして、2015シーズンも故障で途中登板を飛ばしたりもしていた事を考えていた時に思い出した言葉が、名横綱:千代の富士のこの引退コメントでした。

「体力の限界!気力も無くなり、引退することになりました」

黒田選手は次の誕生日で41歳になります。本人の中でも体力的に厳しくなっているのは薄々感じているのでしょう。シーズン中に何回か打ち込まれるような事が続いたら、体力の限界と悟りシーズン中に引退を決意してしまうかもしれません…

ファンとしても何度も打ち込まれる黒田選手は見たくないですし…

Sponsored Links

黒田選手を考慮したローテーションを作ろう!

まず、エースであるマエケンが務めてきた2010年から務めてきた開幕投手(2013年のみWBCもあったので、バリントン)を黒田選手にやってもらおう!というのは出来ればやめて欲しい!

言葉は悪いですが、黒田選手は先がない(今年で引退の可能性が高い)ということで、将来を考えた起用をして欲しい!

これが一ファンとしての願いです。

開幕投手は福井推し!

将来を考えた起用ということで、個人的には福井選手を開幕投手に指名したいです。

開幕投手が福井!?という人が多数だというのはもちろん承知の上ですが、外国人選手と黒田選手を除いた日本人選手で開幕投手を考えて下さいといったら、福井選手または大瀬良選手ではないでしょうか。

大瀬良選手も候補ではあると思いますが、先発→リリーフとなったシーズン後ですので、若干コンディションが不安。

それに黒田選手から良い影響を一番受けて、昨シーズン覚醒したと思われる福井選手にはエースの看板を背負って欲しいという想いです。

ジョンソンの使い方が重要!

黒田選手を開幕に使わないならば、最優秀防御率のタイトルも獲ったしジョンソン選手でしょ!

これは多くの人の考え方でもあると思いますが、あえて第2戦目に使うというのはどうでしょうか。

当然のことながら、開幕戦にエースを起用してくるのは当然の事で、その後もローテーションの兼ね合いでエース同士は投げ合いが続く可能性が高いです。

というわけで、福井選手にはローテを守ってもらって五分五分くらいか勝ち星2つくらい先行の二桁を期待して、ジョンソン選手にはエースから見たら格がワンランク下くらいの投手相手にしっかり勝ち星を増やしてもらって15勝を目指してもらうという起用法をします。

昨年のローテーションのおさらい

ここまでで、開幕戦:福井選手、第2戦目:ジョンソン選手という考えを紹介してきました。

残りを考えるにあたって、2015年の開幕ローテーションを振り返ってみます。

日付 投手名 対戦カード
3/27 前田健 ヤクルト
3/28 ジョンソン ヤクルト
3/29 黒田 ヤクルト
3/31 大瀬良 DeNA
4/1 野村 DeNA
4/2 前田健 DeNA
4/3 ジョンソン 中日
4/4 黒田 中日
4/5 福井 中日

これを見てみると、前田健→ジョンソン→黒田→大瀬良→野村という5人のローテーションで谷間を福井で埋めるという起用方法だった事が分かります。

シーズン中はこの序列が代わり、前田健・ジョンソン・黒田・福井の4本柱になり、大瀬良がリリーフに配置転換、野村は2軍落ちという形になっていきました。

af699857569d58f166058c0bab3e28d2_s

今年のローテーションはこれでいって欲しい!

開幕戦を福井選手、2戦目をジョンソン選手でというのは上記で紹介しましたが、第3戦目で昨年同様に黒田選手を起用する方向でいきます。

これは昨年、黒田選手にとって最も相性が悪い球団である中日を避ける意味もありますが、最も相性のよかった巨人戦に中6日で登板してもらうための策です。

そして、3/29の開幕2カード目では大瀬良選手を初戦に起用します。これはカードの初戦はある程度強力な投手が予想されるということで、残った中では一番実績がある大瀬良選手という選択になります。

その後は今年はやってもらわないと困る1人の野村選手と続き、ルーキー岡田選手でローテーションが終了という流れになります。

岡田選手に関してはルーキーですので、夏以降のバテなども考慮して、多少飛ばしながらの起用をして欲しいところです。(その際には戸田、九里などが登板するといいかも)

日付 投手名 対戦カード
3/25 福井 DeNA(ホーム)
3/26 ジョンソン DeNA(ホーム)
3/27 黒田 DeNA(ホーム)
3/29 大瀬良 中日(ビジター)
3/30 野村 中日(ビジター)
3/31 岡田 中日(ビジター)
4/1 福井 巨人(ホーム)
4/2 ジョンソン 巨人(ホーム)
4/3 黒田 巨人(ホーム)

まとめ

マエケンが抜けるとなると、黒田選手に期待をしたい気持ちはもちろんあります。

しかし、その黒田選手も引退が近いと考えると、やはり福井選手や大瀬良選手がカープのエースの看板を背負って欲しいのです。

もちろん結果も昨年の4位より上で最低クライマックスシリーズの出場を!と思いますが、エースが抜けた穴を黒田選手ではなく若手~中堅で埋めつつ、誰かが飛躍を遂げるシーズンになってくれたら最高ではないでしょうか。

 

Sponsored Links

Nana

Nana

投稿者の記事一覧

【経歴】
30代前半、東京出身東京在住。
一部上場企業でシステムエンジニア→大学院博士課程に進学もうつ病発症→自由を求めWeb屋さんになりました。
現在、数本のWebメディアを運営中、総月間PVは100万超え。

【性格】
頑張る人を応援したい!の様に無駄に熱いです。
そして、面倒見がいい方なはず!?
ブログやWebメディア運営にお悩みの方、お気軽にご相談ください。

【趣味】
多趣味で困るので、主なものだけ列挙。
・野球観戦(広島カープ)
・歴史研究(歴女ならぬ歴男!?)
・クロスバイク

アーカイブ

PAGE TOP