婚活

40代女性の婚活が厳しいワケを男性側からあえて伝えてみようと思う!

Sponsored Links

本業ではないのですが、何時からか恋愛セラピストになりつつあります。

(セラピストの友人には適性あるなんて言われてはいるのですが…)

恋愛セラピストって優しそうと思われるかも知れませんが、私のスタイルは結構ガツガツと痛いところをついていったりするんですが、何故か好評のようでお友達からの相談がいっぱいです!

さて、そんな中で今日はちょっとある40代女性Aさんの婚活を見ていて、40代女性の婚活が厳しいワケが見えてきたのでお伝えしていこうと思います。

※かなり厳しい内容も書いてありますので、メンタル弱い方はちょっと控えた方がいいかもしれません。

需要を理解していないのが大問題!

この記事に辿り着いて読んで頂けている人の中にはこのポイントはクリアしている方もいらっしゃるとは思いますが、Aさんも含め需要を把握されていないというか現実を直視出来ていないのが問題です!

世の多くの男性からみたら、アラフォー女性は残念ながら婚活市場においては「対象外」です。

美魔女という言葉がありますが、これも裏を返せば「年齢の割りには美しい」ってことでしかありません。

何故、対象外なのかということは子供が欲しいと思っても厳しいから…という点が相当大きいはずです。

この点は私は医者でも専門家でもないので、具体的な数字を出してあぁでもないこぅでもないとは言いませんが、年齢があがるごとに妊娠率は下がりますし、不妊治療にかかるお金だってばかになりません。

詳しくはこちらをみてもらうということで、これ以上の言及は避けますが子供が欲しいと思っている男性からしたら、某ゲームの織田信長のセリフではないですが、無価値なのです。

もちろん全員がそうだとは言いませんが、貴女を選んでくれるためには年齢を補う魅力が必要だと思いますよ。

Sponsored Links

ミスマッチなのです!

ここまで言ってもどうして?と理解出来ない! 理解したくない!という人もいらっしゃるかもしれません。

これ自分の立場を無視して考えているからそう思ってしまうのです。

恋愛・婚活においては相手の気持ちを考えるということが非常に大事なので、例をあげながら考えていきましょう。

冒頭に出てきたAさんに言わせると、自分と同世代以上はおじさんにしか見えないから、選択肢としてないそうです。

ですが、これを逆にAさんが望む年下の男性からしたら、自分と同世代以上はおばさんにしか見えないになるわけですよね。

(もちろん美魔女的な年齢不詳の人もいらっしゃるかもしれませんが…)

そうやって、考えてみたら自分がおじさんにしか見えないからイヤ!というのと同様に望む対象から見たらおばさんにしか見えないからイヤ!となるわけです。

選択肢はコレだ!

年下から需要がないということはここまでで痛いとは思いますが、理解して頂けたと思います。

じゃあ、婚活をどうしたらいいのと泣きつかれそうなので、幾つか道を示していこうと思います。

年上でも我慢できるなら

まず、年齢のミスマッチという先程出した話が理解出来た。年下にはこだわらないと思えるのでしたら、年上の男性に目を向けてみてください。

バツイチだったりで、子供が欲しいというわけではないという男性からならば、年下の男性よりは遥かにモテます。

今まで年下ばかり狙っていっては玉砕という展開とは180度違う世界が広がっている可能性すらあります。

諦めるのも選択肢

これもAさんに伝えた話ではありますが、貴女にとって結婚したい理由って何ですか?

周りが結婚していて、1人だと寂しいから?

老後1人になるのが寂しいからですか?

何か婚活している中でどうして自分が結婚したいのか分からなくなっていたりしていませんか?

もう一度どうして、結婚したいのかを考えてみると意外と本当は結婚したいなんて思っていないこともあるかもしれません。

ですが、1人で生きていくというならば、老後のお金なども必要となりますので、今の仕事などライフプランを考えて行動をされることがオススメです。

どうしてもタイプじゃなきゃムリ!

これはオススメしませんが、どうしても自分と同世代はおじさんにしか見えないから、絶対にムリ!というならば、年下の男性を追うスタイルでもいいと思います。

結局のところ、自分の人生ですから決定権は自分にある。

周りがとやかく言って、年上の人と妥協してお付き合いして結婚したとしても幸せになれるとは限りません。

ですから、自分が納得するまでそのスタイルを貫くというのもありです。

ただ、この場合には先述の様に対象外と見られる男性が多いですし、それは一年また一年と年齢を重ねていくことでよりそう思う方は多くなっていきます。

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

最後に

私が好きな名言で『下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目』というスラムダンクという漫画に出てくる名言があります。

下手糞がとありますが、これ全てにおいて言える言葉じゃないかなと私は思っていたりするのですが、何か現状を変えたいと思うのならば、時には辛いこともありますが今の自分を見つめなおして、どういう状態なのか客観視するということが非常に大事だと思います。

その中で言葉は悪いですが、誰でもいいから結婚したいなら、結婚相談所にお世話になってでも結婚をする。どうしても妥協が出来ないならば、満足するまで邁進する。結婚を諦めて、自分で老後の心配も内容にお金を稼ぐ。

どの決断をするにしても、その決断をするのは他でもない貴女です。

Aさんの場合は行動がとにかく遅いという印象があるので、ボーッとしていたら、時間は過ぎていくだけです。

とにかく出来ることをやる!というスタイルだけは忘れずに頑張ってください!

ご相談希望の方はこちらより、お気軽にお問い合わせ下さい。お話聞きますよ!

Sponsored Links

Nana

Nana

投稿者の記事一覧

【経歴】
30代前半、東京出身東京在住。
一部上場企業でシステムエンジニア→大学院博士課程に進学もうつ病発症→自由を求めWeb屋さんになりました。
現在、数本のWebメディアを運営中、総月間PVは100万超え。

【性格】
頑張る人を応援したい!の様に無駄に熱いです。
そして、面倒見がいい方なはず!?
ブログやWebメディア運営にお悩みの方、お気軽にご相談ください。

【趣味】
多趣味で困るので、主なものだけ列挙。
・野球観戦(広島カープ)
・歴史研究(歴女ならぬ歴男!?)
・クロスバイク

アーカイブ

PAGE TOP